Top
チョコレート教室
c0021891_5382818.jpg
今日はこちらでのチョコレート教室に行ってきました。
c0021891_5383920.jpg
 スコットランド人のショコラティエの方が チョコレートの歴史からはじまって カカオがどうやってチョコレートになるのかをチリホットチョコレートを作りながら 説明して下さいました。
 チョコレートにチリ!? とびっくりしましたがチリの味はあまりせずさっぱりして美味しかったです。 その後はいろいろなチョコレートの食べ比べ。ティスティングというのかしら・・。
こんなたくさんの種類を一度に食べるのは初めてだったので 最後の方 ちょっと苦しくなりました。(笑) 
 3種類のカカオ豆(クリオロ種、フォラステロ種、トリニタリオ種)を目の前にして その説明を聞きどうしてヴァローナ等が高いのかわかりました。
最高級のカカオ豆、クリオロ種から作られる「ポルツェラーナ」は年間限定2万枚だそうです。
 お店に売っていたので買ってきました。 ちなみに私のシリアルナンバーは08178。ちゃんと一枚ずつシリアルナンバーがついているんですね~。
50gで£5.50でした。日本だと1800円ですって(笑)
 さ~て どうやって食べようかなぁ。




c0021891_539460.jpg
これはチョコレート・ガナッシュにフレッシュミントが入ったものです。
 私はミントチョコレートは嫌いだったのですが これはミントのいい香りがして本当においしかった~! もちろんレシピもいただいので 作ってみようかな、、
c0021891_5391633.jpg
これはチョコレートムース。
c0021891_539296.jpg
テンパリング

もうこれはさすがプロ!と唸ってしまいほどすごかった~ 当たり前ですが作業が手早いし、手も洋服も全然汚れないんですよ! 
c0021891_5394293.jpg
c0021891_5395466.jpg
c0021891_540739.jpg
最後にチョコレート・ミルフィーユをいただいて帰ってきました。
 ショコラティエのWilliamさんは星付きレストランで勤務されていたり The Savoyのシェフ・パティシエもなさっていたそうなので 今日はとても楽しみにしていたのですが目の前でプロの手さばきを見る事ができて本当に楽しかった♪ とても気さくな方で 質問にも丁寧に答えて下さったし とても優しそうな日本人の奥様との二人三脚で作業している姿が印象的でした。

 お土産までいただいて家に興奮状態で帰ってきて その勢いでまたチョコレート系のケーキを作ってしまいました(笑) 写真はまた明日載せます。 今日は疲れてしまったのでコメントのお返事は明日させていただきます。。 

          お休みなさい。 (-_-)zzz
[PR]
Top▲ | by mappet | 2005-10-11 05:42 | Sweets
<< 紅茶味? | ページトップ | クリスマスショッピング開始 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin