Top
犬連れノルマンディー旅行: 犬、イギリス再入国。
 
c0021891_12232100.jpg

最後までお付き合い下さって、どうもありがとうございました。
やっと旅の最終日までたどり着きました。


 旅行の記録

ノルマンディー、ブルターニュの旅から戻りました。
●犬連れノルマンディー旅行: 途中ルーアンに立ち寄る。
●犬連れノルマンディー旅行: 小さな村のチャーチハウスに泊まる。
●犬連れノルマンディー旅行: マルシェに行ってみる。
●犬連れノルマンディー旅行: りんごのお酒、シードル
●犬連れノルマンディー旅行: Beuvron-en-Auge ブヴロン・アン・オージュ村
●犬連れノルマンディー旅行: Beaumont-en-Auge ボーモン村
●犬連れノルマンディー旅行: Trouville  トゥルーヴィル
●犬連れノルマンディー旅行: Honfleur オンフルール
●犬連れノルマンディー旅行: Le Mont St-Michel モン・サン・ミッシェル
●犬連れブルターニュ旅行: Dinan ディナン
●犬連れブルターニュ旅行: Cancale カンカル
●犬連れブルターニュ旅行: St-Malo    サン・マロ
●犬連れノルマンディー旅行: オマハビーチ と イズニーのキャラメル
●犬連れノルマンディー旅行: 犬、イギリス再入国。



c0021891_1285458.jpg

 楽しい旅も終わりに近付くにつれ、どきどきしてきました。
なぜかというと マフィンのイギリス再入国手続きのためにやらないといけない事が残っていたからです。

 以前書いたようにPet Travel Scheme (PETS)に従って マイクロチップを入れたり、狂犬病の検査をしたりして痛い思いをして取ったペットパスポートですが、これを持っているだけでは、再入国できません。
c0021891_1291488.jpg

 まず、イギリス入国の24時間以上48時間以内にフランスの獣医さんにticksと tapewormの(ノミ・ダニ)駆除の薬をもらいます。 そしてパスポートにスタンプを押してもらうのですが、この時間がきっかりイギリス入国時の24時間以上48時間以上になっていないと入国できません。
 今回は、初めての経験なので Dogs awayという会社を通してフランスの獣医さんの予約をしました。
 初回は、手数料35ポンド、2回目からは同じ場所なら16ポンドだそうです。(要確認)
一度様子がわかれば、自分達で出来るのでこれからも来られるように便利なカレーの獣医さんにお願いしたのでカレーに1泊しました。
 Dogs awayからは、予約の確認、注意事項、獣医の場所(写真、map)がメールで送られてきたので安心でした。エルビスは、35ポンド高い!と言っていましたが、安心料として払えば安いもんだ。

c0021891_1292423.jpg

 まずは、錠剤。
 たぶん、砕かないと食べないと思うと言ったら ちょと待ってねーと奥から餌を持ってきてその中に入れて簡単に食べさせてしまいました。 さすがだ、、。
 「フォアグラよ。」
というので、さすがフランスだ!!と思ったら 「冗談よ、」と 笑われました。ふ。

c0021891_1294433.jpg

次は、背中に液体の薬を。
これは、フロントラインですね。
c0021891_1312699.jpg

 ほら終わり。
痛いのは、エルビスの財布だけでマフィンは、痛くないはずなのに びびってる、、、 笑

 レセプションの人は、片言イングリッシュでしたが、獣医さんは英語OK。
とても感じのいい所だったのでよかったです。
 
 支払いを済ませて やっとちょっとほっとしました。
私が永住のビザをもらった時の喜びとちょっと似ていました。笑
 
*******

さぁ イギリス入国の日です。
もうみんな、やっと帰れる~!!とちょっと興奮気味。
c0021891_012394.jpg

夕方の電車を予約してあったのですが マフィンの入国審査もあるしちょっと早めにチェックインしないといけないので あまり時間がなく とりあえず近場のBoulogne-Sur-Merで食事をする事にしました。カレーから約30分かな。
前々回行った時の記事は、こちら。
 マリアージュが売っている店もあるし、かわいい雑貨屋もあるし結構楽しい町でしたが、今回は食事をしただけなので、ちょっと残念。
 
 席に座ったら出してくれたのですが、、え?いきなりケーキ?と思ったら・・・
一口食べたエルビスが、「しょっぱくて、変。」というので 何が変なんだ、、と思ったら 魚が入っていたみたいです。 アンチョビか鯖か忘れましたが 私もちょっと変と思ったので食べませんでした。(笑)
c0021891_2385742.jpg

懲りずにムール貝。
 白ワインもいいけど、私はトマト味が一番好きだなー。
c0021891_1315845.jpg

 アンナが食べたデザートのシャーベット 絶品でした。
 ピーチ、ラズベリー、レモン・・・ いや、何だったかな 忘れましたが ピーチは、地元で取れた物を使っているそうで なるほど、おいしい訳だ、と納得。
 またここに来ようねー、と ばたばた、、と車に戻りました。
c0021891_1323048.jpg

 チェックインの時間も近付いてきたので いよいよです。
今まで全然気づかなかったのですが、こんな標識出ていたんですねー。
 チェックインの前に、かわいい肉球マークの標識に従って運転していきます。
c0021891_1385656.jpg

 この建物の中で、パスポートに押されたスタンプなどのチェックとマイクロチップのチェック。
 すべて無言で行われたので、どきどきしたー!
 車のナンバーも聞かれたのですが、覚えていないのでアンナに「Daddy呼んできて!!」と走ってもらいましたが、すべてすんなりいって・・・ ほっとしました~!!
 今回は、電車のキャンセル、遅れがなかったので問題なく終わりましたが、何かトラブルがあった時は大変だなぁ、、と思いました。現実的にありえる事なので。。苦笑
c0021891_1391743.jpg

  じゃじゃーん!
 これでイギリスにみんなで帰れるよ~!!
  マフィンは、何の事やらさっぱりわかっていませんが、飼い主は大喜び。爆
 何度も痛い思いさせられて ご立腹かもしれませんね、。


 この後は、普通にチェックインを済ませて、入国審査。
犬のパスポートも一緒に渡したら、いらないと言われました。 爆
 苦労して取ったんだから 見てよー!!(違)と思っていたら 入国審査の後に「ちょっとこっちきてー、」とお姉さんに誘導されていくつか質問されて終わり。マフィンは、その間お姉さんの手をぺろぺろ舐めていたのでお姉さんは、「いつも吠えられるから うれしいわ!」と大喜び。(笑)
 
 ちなみに人間の入国審査の時は、いつも余計な会話なんて一切無しなのに 今回は、マフィンがいたので
「触ってもいい?」とか「かわいい~♪」とか声をかけられてすごーーくフレンドリーでびっくりしました。


          

  *次は、トイレの写真なので見たくない方は、スルーして下さい。




                              :



                              :


                
                              :


c0021891_139368.jpg

 どーでもいい話なのですが、どうしても疑問に思う事があるので書くことにしました。
ノルマンディーからカレーに向かう途中のサービスエリアで立ち寄ったトイレなのですが・・・。

 もう入り口付近から水浸しで 何か嫌だなぁ、、と思いつつ入りました。
洋式のトイレは、一つあったのですが 便座もないし汚いしでとても使う気になれず 残ったのはこのトイレ。

 まぁ 一見和式のトイレなので 普通に用を足そうとしたのですが・・・・
 
しばらくしたら いきなり

 
               プッ シューーーーーーーー


 とすごい音がして 水が飛んできたので もう私は一体何が起きたのがわからなくて立ち上がってドアの方に避難したのですが、それでもおニューのMBTがびしょびしょ、、涙
 この写真 よーく見て下さい。
4箇所 銀色の金具があるのですが そこから大量の水が勢いよく出てきたのです。
床を見ると斜めになっていて 水がトイレの中に流れる仕組みになっています。
 床を洗っているんだろう、というのはわかるのですが 超危険!

 ちょっと汚い話、用を足し終えていなかったので、もう一度・・・ と挑戦したらまた同じ事が起こりました。
もう出るものも出なくなりました、。
 トイレの隅に逃げても水が、かかるなんてありえない、、 

 出てきた私を見て マリナは、恐れおののいて 私いかなーい、と言いました。 だろーね、。
だからこのトイレ入り口から水浸しだったんだ、と納得しました。

同じ敷地内にちょっとした売店があったので、入ったら そこに 普通のトイレがありました。爆
センサーが壊れていたのか、私のしゃがみ方が悪いのか、未だに釈然としない思いです。。

            汚い話で 失礼致しました。_(_^_)_
c0021891_1395316.jpg

 スーパーで買ったもの~

 ブルーベリー味は、初めてみました。
 予想よりおいしくて、びっくり。 こっちでも売り出さないかな~。
このマフィンもイギリスでは、見ませんが意外とおいしかったです。
c0021891_140658.jpg

 モン・サン・ミッシェルのマークが入ったガレットが手に入るのは、あの周辺だけなのかしら。
パリのスーパーでは、見なかったような。

 Michel et Augustinは、今まで小さい箱しか見た事がなかったので、 おー!と思って買いました。
久々に食べたら おいしかった。



 さて、ここからは、話が一年遡るのですが(汗)去年の同じ時期にフランスに行った時の写真です。
upしまーす、と何度も告知してupしていませんでした。 大嘘つきでした、ごめんなさい。笑


2008年夏 フランス旅行

c0021891_1423382.jpg

c0021891_1425459.jpg

                        Le Touquetのマルシェにて。
c0021891_1431610.jpg

c0021891_1434078.jpg

c0021891_144167.jpg

c0021891_1442145.jpg

                        Montreuil-sur-Mer 

c0021891_1444185.jpg

前回(雪が積もっていたんだったなぁ。。)閉まっていたので行けなかったクレープ屋さんで念願のクレープ食べてきました。

c0021891_1445767.jpg

  
c0021891_145182.jpg

 ここの雑貨屋さんも かわいかったです。
 縦長のフレームを買って 後でステッチを入れました。 ステッチを載せた記事が見つからないので、見つかったらリンクしておきます。
c0021891_1453610.jpg

 ほんの一年前なのに、ここに写っている子供達が小さくてびっくり。
c0021891_14666.jpg

この時は、Hardelotという所に泊まりました。
海からすぐ近くて別荘がたくさんあっていい所でした。
c0021891_1462480.jpg

その海の近くのレストランで1時間近くも待って やっと出てきたムール貝。
これは、エルビスが食べたカレー味だったかな。
 お隣のファミリーは、あまりに遅いので支払わないって言い出して店の人と喧嘩していました。笑
待ったかいあって美味しかったです。





c0021891_2341665.jpg


                                    筆不精で、すいません。
[PR]
Top▲ | by mappet | 2009-09-22 22:24 | フランス旅行
<< 昔スーパー、今・・。 | ページトップ | お祭り >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin