Top
犬連れノルマンディー旅行: オマハビーチ と イズニーのキャラメル
c0021891_1852829.jpg




c0021891_18522520.jpg

                 "The Brave"
c0021891_1854491.jpg

          「勇気」という彫刻がビーチに建っています。
c0021891_18541824.jpg

 ''Bloody Omaha''
 「血のオマハ」と呼ばれるこのビーチ、昔何が起こったのか想像するのも難しいぐらい 今は静かで美しいビーチです。

 私にとって「ノルマンディー」という言葉から連想するの物は、チーズ、バター、クリーム、りんご、シードル、牛ぐらいだったのですが(汗) エルビスは、「ノルマンディー」と言われまず頭に浮かぶのは、ノルマンディー上陸作戦だそうです。
 本当は、ノルマンディーに旅行が決まった時からここに来たかったそうなのですが、言わなかったんですよ。>エルビス
 旅も終わりに近づいてきた頃、「後どこに行こうか~。」と話をしていたら「オマハビーチが気になる。」と遠慮がちに言うので 「行きたいなら行こうよ!」と言ったら「それは、自分のわがままだし 人を優先する自分を誇りに思う。」とか訳のわからない事を言うので 「じゃ、私もキャラメル工場行きたいし、ついでにオマハビーチ行こう!」と言ったらやっと納得しました。 難しい人だ、、 ←お互いに。 爆
c0021891_1855562.jpg

 上陸作戦中 最も多くの死傷者が出たので「血のオマハ」と呼ばれているのですが、 この海が血で染まったと思うと正直怖くなりました。 子供は、楽しそうでしたけど。笑
 エルビスは、それでいいんだ、あの戦いのおかげでこの平和があるんだから。と言っていました。
 
 平和のために戦った人達に敬意を表したいと言っていたので いつもの彼とは違い静かにじーっ、と一点を見つめて何かを考えているようでした。
 イギリス人とアメリカ人の友達とテキストの交換を何度もしていましたが、彼らにとってここはすごい所なんだなぁ、、と改めて思いました。 チーズとかバターとか言ってた私、、 ちょっと反省。(笑)
 家に戻ってきて「プライベート・ライアン」のDVDを観たのですが(家にあるなんて知らなかった) いやぁ、、最初の30分すごかった。
 この辺のセカンダリースクールは歴史の授業を取るとノルマンディーに社会見学に来るそうですが、私も次回はもっと歴史の勉強をしてからノルマンディーに来たいなー、と思いました。
  
 
c0021891_18552181.jpg

  ここは、わんこOKのビーチだったのでマフィンにとって初めての海です。
c0021891_18554271.jpg

   ぺろぺろ舐めて うげー、としていました。
   海、嫌いだったみたいです。(笑)
c0021891_2037788.jpg

 ここには、犬連れの人がたくさんいました。
 マフィンと歩いていたらこの犬が近づいてきました。
 ちょと怖そうなので ぎょ、としたのですが 飼い主に「マーックス!」と呼ばれたら いなくなったのでほっとしました。 ふーん、イギリスの犬か。と思っていたら

 また来ました。
 で マフィンの前までやってきて なんと片足をあげて おしっこをしたんです!!!
 もうびっくり。 ぎりぎりセーフでかからなかったのですが 飼い主の方を見たら笑っていました。
  イギリス人感じわるー!!!
 
 話は、逸れますが 一昨日ロンドンに電車で行った時にチケットマシーンに通してもチケットに問題ありで通れませんでした。 まぁ こんな事よくあるので その都度駅員を探してゲートを開けてもらいます。結構めんどくさいのですが、それが連続3回も続けてだったので何だかがっかり。
 まずオックスフォードサーカスで使えなかったので事情を話したらすぐ開けてくれたのですが 駅員のチケットも拒否されて(爆)swear word連発。 はー、と思いつつ用事を済ませてまた同じ駅に戻ってきました。
 同じ駅員だからわかっているだろうと思って 何も言わずチケットを見せたら

 ''Can you talk?????????''
と くちばしみたいジェスチャー付きで聞かれました。
まぁこれは、無言だった私もいけなかったので ちょっと反省してちゃんと事情を説明して通してもらえました。

 Waterloo駅について また駅員を探して通してもらおうとしたら そのおじさんは、ゲートを背にして私とは反対方向を向いていました。 首だけこっちを向いて チケットが見えないという感じだったのですが私の前には、ゲート(荷物を持って入る人用の大きめのゲート)があったので背伸びしてちょっと身を乗り出す感じでチケットを見せたのですが、それを確認したおじさんは、ゲートを開けてくれました。
  が、、 そのゲート私の方に開いたので 思いっきり私にがーーん、と当たったのです。
  痛いよ、、ちょっとと思って おじさんを見たら にやっ、と笑っていました。

   感じわるー!!と思ったけれど小心者なのに何も言えず帰ってきました。。
   何か仕事に不満があるんでしょうけど、人に当たらなくなって、、。
かわいそうな人だと思う事にしましたが・・・ イギリス人全員にサービスを学ぶために日本へ研修旅行に行って欲しいです。←無理。

  かなり脱線してしまいました、、汗
c0021891_18562116.jpg

 近くにミュージアムがあったので、私はマフィンがいるから無理だったのですが せめてエルビスと子供達には、中に入ってほしかったなぁ、、と思ったのですが近くにしょぼいレストランしかなかったのでとりあえず ここを一度離れて別の町で食べてから戻ってこよう、という事になりました。
c0021891_18564656.jpg

 私は、この時点でお腹がすいたというよりも もうトイレに行きたくて・・・・。汗汗
英語のガイドブックを見たらお勧めレストランが、近くにありそうだったので、、そこへ向かいました。
c0021891_18571343.jpg

Port en Bessin

 レストランは、たくさんありました。
 お土産屋さんもあって楽しそうな所♪
 でもでも、すごく混んでいて車を停めるのも一苦労。
 やっと停められたので外へ出ました。
c0021891_18575860.jpg

  わー なかなかきれいな所だね~。
 とにかくトイレに行ければどこでもよかったので(笑)適当に選んで入ろうとしたら
 「もうランチタイム終わったから駄目」と言われました。号泣。
 まだ2時ちょっと過ぎぐらいだと思ったのですが・・・ そんなぁ、、涙
 私たちの他にも断わられていた人がいて その方達もショックを受けていました。
c0021891_18583456.jpg

 仕方ないので、橋を渡って駐車場に行こうとしたら 橋がない!!!爆
ヨットが何か通ったんでしょうねぇ、、、 ←トイレに行きたくて仕方なくて記憶がない。笑

  その後 どうする、どうする、、と コテージの近くまで戻ってしまいました。爆
 
   ここもまた行かないと。。。 ^^;
何だか消化不良なオマハビーチになってしまったのですが エルビスは「自分のために時間を割いてくれてありがとう。」と満足していました。
 ここは、もうちょっと勉強してからまた行きたい所。


***
c0021891_1984755.jpg

イギリスでも手に入りますが、Isigny-sur-Merのバターなど有名ですよね。
旅行の計画を練っていた時 こんなサイトを発見。 日本語のサイトもありました。
 へ~ キャラメル工場見学できるのね~。楽しそう、と思って一応メモっておきました。
コテージから1時間半だしわざわざキャラメルのために、、と行かない予定だったのですが ↑に書いたようにエルビスがオマハビーチに行きたいと言ったので もうこれは!!と思って行って来ました。
 
 とりあえず、町の中心地へと思って運転していたら目の前に巨大な工場が。
 ここだよ!!ここ!! と興奮状態の私。 駐車場に停めて店の中へ。
c0021891_199770.jpg

 わー かわいいチーズの箱。
 あれー でもキャラメル売ってないな。。 と ちょと不思議な気がしました。
c0021891_1992278.jpg

 このドアの向こう側で工場見学したい人達が予約(?)をしていました。
見学しないとキャラメル売ってくれないのかなぁ、、と いろいろ考えてとりあえず外に出ました。
 でも一応聞いてみようと思って 店の方に聞いてみたら
「ここは、チーズとバター工場よ。キャラメル工場は町越えて あっち。」
 と教えてくれました。 爆
興奮しすぎて間違えた。 ははは。

 エルビスに ここじゃないんだってー、と伝えたら 「さっきからここは、チーズ工場って言ってるじゃん。」と言われました。 興奮しすぎて耳に入らなかった。 爆

c0021891_1994265.jpg

でもでも アイスクリームおいしそー!!と思ったので 子供とエルビスに買いに行かせたらまだ準備中・・。
残念、、。
 ここは、オマハビーチの前に行ったので 結構朝早かったのです。
c0021891_18591128.jpg

 気を取り直して 再出発。
 ここがイズニーの町です。
 なんか旗が出てるし お祭りでもあるかしら?という雰囲気。
c0021891_18595790.jpg

 楽しそうなマーケットが出ていたのですが、車が停められなかったので泣く泣く諦めました。
絶対おいしそうな物売っていましたよね~。 あー 残念。
c0021891_1982731.jpg

 こうやって窓から旗も出ていたりして アメリカ、イギリス大歓迎!(←本当か?)という感じでした。やっぱ米軍と英軍がここをドイツ軍から開放したので 未だにウェルカムなのかしら?

c0021891_1995890.jpg

 カーナビに任せてキャラメル工場を探したのですが、連れて行かれた先は通行止めの道。
 なぜかわからないのですが 何度試してもそこに辿り着いてしまいます。
 かなり迷って、迷ってやっと自力で見つけました。
 行かれる方は、マクドナルドを目印に走って下さい。 マックの隣ですので。
 まさかマックの隣に工場があるとは、思わなかった~。 笑
c0021891_19101632.jpg

  こんなに買いましたよ!って写真だったのですが キャラメルが写ってない。。爆
工場の入り口は、この先なのですが私達が行った時は長蛇の列だったので諦めました。
 アンナの後ろのドアは、出口なのですが お店は、ここから入れます。ちゃんと聞いたので大丈夫。(笑)
中に入ったら もうびっくり。 人人人で身動きできないのです。
ちょうど工場見学が終わった人達が出てきて みんな1かけらのクッキーにキャラメルを塗った物をもらっていました。 この工場限定物が多いように感じました。(未確認)
c0021891_19103338.jpg

 いろんな種類のキャラメルを買ってきましたが、私は、ここのキャラメルが一番おいしかったと思います。
やっぱり塩バターキャラメルが一番おいしかったなー。
 でもりんご味も、チョコレート味も捨てがたい。。 
c0021891_19104788.jpg

 イギリス人が好きそうなパッケージもありました。(笑)
 今度は、工場見学もしたいなー。
   次への課題 多すぎ、、(笑)
[PR]
Top▲ | by mappet | 2009-09-19 01:11 | フランス旅行
<< お祭り | ページトップ | 晴れのち曇りのち雨? >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin