Top
犬連れブルターニュ旅行:  Cancale  カンカル
c0021891_2095494.jpg

     そして、また別の日に改めて2時間半かけてブルターニュに行きました。



c0021891_20101943.jpg

 牡蠣が有名なのですが、私もエルビスも食べられないので(笑)目的は、別のお店でした。
とりあえず、街の中心らしき所に車を停めて とりあえずインフォメーションサインに従って歩いていったのですが どんどん街から離れていくのは、気のせい??
c0021891_20113755.jpg

 車を停めるまでカーナビを見ていたら 店まであと数分と出ていたのに・・ あー また迷ってる、、。と思いつつ海が見えてきてとても気持ちがよかったのでのんびり歩いて行きました。
 ここ、すごい急な坂でMBTを履いている私は転げ落ちないように(←大げさ)気をつけて歩きました。
c0021891_20121584.jpg

 ふと下界を見下ろすと、、 わー なんかお店がいっぱい見えて楽しそう!!
c0021891_20123788.jpg

 ここでちょっと一休みした気分でしたが、子供達が走っていってしまったので待ってくれ~ と 私も走りました。 
 マミーが走ってるよ、と笑われましたが。 爆

c0021891_2013997.jpg

  おーー これは牡蠣床ですか。 すごいなぁ。。

c0021891_20135043.jpg

 牡蠣床のすぐ横に即売所があって ここでみんなおいしそうに食べていました。
c0021891_20141724.jpg
c0021891_20143865.jpg

 安いのか、高いのか、おいしそうなのか、さっぱりわかりませんが牡蠣好きの両親のために写真を撮りました。写真で我慢してね~。笑

c0021891_20145327.jpg

 この日もかなり暑くて、まぁラッキーだったのですが この辺で あっちー、ともうバテていたような。
暑い日本の夏は、もう何年も経験していないし イギリスに2年間夏が来なかったし すっかり体が弱ってしまっていたようです。苦笑
c0021891_2015760.jpg

            あ~ 気持ちがいい。

c0021891_20152260.jpg
 
 すぐインフォメーションは、見つかり地図はもらえたのですが、私が行きたいお店の場所を聞いたら 今来た道を戻って、と言われました。 爆爆

 
c0021891_20154645.jpg

 疲れている子供達に一緒に来て、とは言えなかったので ジュースでも飲んで待っててー!と言い残して 私一人せっせとまた坂を上りました。

  あぁ、、 めちゃくちゃきつかった、、涙
しかも もうかなりランチタイムに近かったので とにかく店が閉まってしまわないか心配だったのと このお店だけ営業日を調べるのを忘れていたので 店が休みかもしれない、、との不安を抱えて店に向かいました。
c0021891_20162748.jpg

 ノルマンディーの家とは、また違ってかわいいお家が並んでいました。
この家に住んでいる方、眺めが最高ですよね~。 うらやましいぃ。。
 と横目で見ながら必死で歩き、、 
c0021891_20165866.jpg

 やっとついたー。
 開いてるよー!! 感涙
 しかも、さっき車を停めた場所のすぐ裏でした。爆

 慌てていたので 店の裏から入ってしまったのですが(笑)反対側が入り口です。
猛暑(私にとっては)の中を歩いてきたので もう汗だく、、 
 朝早く行かないと売り切れるって書いてあったし・・ 焦って中に入りました。


Grain de Vanille
12 place de la Victoire
35260 Cancale


 ここは、roseちゃんに教えてもらったお店でお土産のガレットをいただいて以来 もう絶対買いにくる!と決めていました。行ってきたよー!(笑)
c0021891_20171063.jpg

c0021891_20174798.jpg

 なんかもう暑かったのであまり食べたくなったのですが、ここまで来て何も買わないのもどうかと思ったのでいくつか買ってみました。(買わなかったら後で大後悔するところでした、汗)
 後でコテージで落ち着いてから食べたら おいしかった~!!!
バターの味が、もう。。 もっと買えばよかった、。
c0021891_20181021.jpg

 こちらのお店のスペシャリテ  ガレット・カンカレーズ
このお店の共同経営者のオリビエ・ローランジェさんのお店が、同じカンカルにある三ツ星レストランMaison de Bricour(メゾン・ド・ブリクール)(注:音出ます)だそうです。このガレットもレストランで出されているようですね。
 いつかレストランにも行ってみたいなぁ。。 と思って調べていたら三ツ星を返上して閉店されたと書いてあったのですが サイトには2009年3月に再開したと書いてありました。(3月ー12月)
オリビエ氏はスパイスの魔術師と呼ばれているそうですが、そのスパイスショップもすぐそばにあったと思うのですが もう時間がなくて行けませんでした。 
 やはりお店に行った時間が遅かったせいか 他の方のブログで見た袋に入った焼き菓子とか、キャラメルは売れきれていたのかありませんでした。うぅ、、ここにも絶対戻ってこないと!

 
c0021891_20182975.jpg

コテージでみんなで ぼりぼり食べたのですが 口に入れたとたん濃厚なバターの味が広がって なんとも言えずおいしかったです。さすがボルディエさんのバターを使っているだけあります。
 あっという間に無くなってしまいました。 これも日本人ツアーが来たりすると売り切れてしまうそうで、私が行った時は二つしか残っていませんでした。
 いやぁ、、 もうキャラメルとかガレットとか 恐ろしい量を毎日食べていたのですが 毎日よく歩いていたせいか思ったよりも太りませんでした、、たぶん。笑

 ここで売っていたアイスクリームがおいしそうだったのですが、3人+1匹を暑い中待たせてあったので 後でみんなで食べにこよう!と思って また坂を下ってみんなの所へ急ぎました。

 おそーい!と ぶーぶー、言われました。
 アイスクリームをなめながら帰ったら怒られるところでした。(笑)
 先を急いでいたので、結局お店には戻らなかったので 今となっては・・ あぁ、、やっぱり食べておけばよかったなーと後悔。

c0021891_20191291.jpg

 雑誌でこのお店が一番人気と書いてあったので それを信じて入ってみました。
 というか どのレストランも人がいっぱいで外れはなさそう。

c0021891_20192810.jpg

 雑誌に載っていた魚介スープがとてもおいしそうだったので エルビスに「今日はあのスープを食べる!」とずっと言っていたのに オーダーする時にすっかり忘れていてムール貝食べようかな~なんて言っていたら 彼に「スープ食べるんじゃなかったの?」と言われて 自分の記憶力の悪さに愕然としました。一瞬。爆
 結局3コースの前菜にスープがあったのでムール貝を食べる事にしたのですが、

c0021891_2019465.jpg

 このスープ、今まで食べた中で一番おいしかったー。 大感激。
結構味はしっかりついているのに 魚介から出る出汁の甘みでとてもやさしい味。
 一口食べる度に二人で 「うーん、おいしいね~」と もうニヤニヤしちゃいました。(笑)
この後 別のレストランで何度かスープをいただいたのですが、ここのスープが一番おいしかったです。
 
c0021891_20201025.jpg

魚介の盛り合わせを食べている人がたくさんいました。
 牡蠣も入っているだろうし残すのは、もったいないので今回は、諦めました。
c0021891_20202780.jpg

 という訳でメインは、これ。
子供達は、今までムール貝なんて見向きもしなかったのですが ここで目覚めたようでおいしい、おいしいと食べていました。 いつもステーキとかバーガーばっかり食べているので他に食べられる物が見つかってよかったです。
c0021891_20205468.jpg

 デザートは・・・
 焼きたてクレープ!
c0021891_20211964.jpg

 シンプルだけど とってもおいしかったです。
この前にも何度かクレープを食べていたのですが エルビスがいちいち あんまりおいしくない、と言っていたのですが ここのは、おいしい!と言っていました。
c0021891_20184553.jpg

  おいしいだけでは、なくてサービスも◎。
 帰りは、手を振って見送ってくれました。(笑)
  イギリスとは、全然違うよねー、こうあるべきよねー、とエルビスと話ながらレストランを出ました。
  
c0021891_20213765.jpg

            ここに来たら牡蠣を食べないとねぇ、、 (笑)
c0021891_202237100.jpg

c0021891_202299.jpg

    お土産屋さんも たーーーーくさんあって キャラメルやら何やらたくさん買いました。
 半日しかいられなかったけれど本当に楽しかったなぁ。。
 エルビスは、ここが一番気に入ったようです。
c0021891_20225891.jpg


                               ここも下見かな。(笑)
[PR]
Top▲ | by mappet | 2009-09-07 20:10 | フランス旅行
<< 犬連れブルターニュ旅行: St... | ページトップ | 犬連れブルターニュ旅行: Di... >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin